ホワイトニングの教科書  ホワイトニングの基礎知識  歯の黄ばみの原因は意外なところにある

歯の黄ばみの原因は意外なところにある

毎日歯磨きを頑張っていても黄ばんでしまう歯。でも黄ばみの原因は食べ物やタバコとは限らない?健康のためにしていたことが歯の黄ばみの原因になっていることもあるんです。このページでは歯の黄ばみを招くあらゆる原因をご紹介しています。
2168 views

思わぬことが原因で歯が黄ばんでしまうことも!日常生活のなかで気をつけたい点まとめ

「芸能人は歯が命〜♪」なんてフレーズの通り、俳優の笑顔からチラリとみえる白い歯は清潔感に溢れています。

口を閉じてしまえば見えなくなる歯ですが、黄ばみがあるとスマイルの魅力も半減。むしろ不潔感を与えかねない恐ろしいボディーパーツでもあります。

本来は白いはずの歯なのに、どうして黄ばむのでしょうか?

歯の黄ばみの原因って、実は食べ物だけじゃないんです。日常の◯◯な習慣こそが、歯の黄ばみを加速させていたなんて想像できますか?

このページでは歯の黄ばみを起こす原因について紹介していきますので、心当たりのある習慣を見直すきっかけにしてくださいね。

食生活が原因で歯が黄ばむケース

食生活が原因で歯が黄ばむ?

歯の黄ばみといえば、第一に想像できるのが食品ですよね。口の中を毎日通り過ぎていく食品は、着色汚れのもっとも大きな原因といえます。

そのなかでも、歯の黄ばみを起こしやすいのは以下の食品となります。

ポリフェノールが含まれた食品

ポリフェノールは強い抗酸化作用で健康維持には欠かせない成分ですが、歯の黄ばみという点ではおすすめできる食品ではありません。

飲み物では、ワイン、紅茶・ウーロン茶・緑茶などのお茶全般、コーヒーなど。食べ物では、大豆、ソバ、ココア、チョコレート、燻製などが該当します。

※お茶のカテキン・大豆のイソフラボン・コーヒーのクロロゲン酸・ソバのルチンも、すべてポリフェノールのひとつです。

色が濃い食品は着色汚れがつきやすい

成分だけでなく、色が濃い食品も黄ばみの原因となります。トマト・ほうれん草などの緑黄色野菜、ケチャップ・ソース・醤油・カレー、キムチなどが該当します。

色が濃くない食品でも油断禁物

かといって、色が濃くなくても歯の黄ばみを招く食品も存在します。

ニンニク・ネギなどに含まれる辛味成分の硫黄は、髪の毛・爪・皮膚の健康に不可欠な成分ではありますが、ステインとして黄ばみを作る原因となります。

アルコール・炭酸・スポーツ飲料もNG

無色で色がつきそうにないように感じられる3種も、黄ばみの原因となる飲み物です。

アルコールは度数が高ければ高いほど、歯の表面にある水分を飛ばしてステインがつきやすい環境を作ってしまいます。

炭酸やスポーツ飲料は、ともに酸性度が高く歯の表面であるエナメル質を溶かす可能性が高く、歯の黄ばみを招きます。

病気が原因で歯が黄ばむケース

病気が原因で歯が黄ばむこともある

食品だけでなく、すでになんらかの疾患を抱えている場合にも、歯が黄ばむことがあります。

虫歯は段階的に変色していく

もっとも気がつきやすい病気は虫歯(う蝕)だと思います。でも、虫歯は白色→黄色→茶色→黒色と段階的に変色していくため、初期の段階では気がつきにくい欠点も。

虫歯によって歯が黄ばんでいる場合は、表面だけでなくエナメル部分まで虫歯が進行している状態になります。さらに内部にある象牙質まで侵食すると茶色、歯髄(いわゆる神経部)までいくと黒色になっていきます。

この段階になるとかなりの激痛を伴うため、色で判断せずとも虫歯を自覚することができるでしょう。

治療後の歯も放置したままでいるとキケン

虫歯を治療しているからといって安心してはいけません。治療後、銀歯を被せたり詰め物をした歯も、何年も時間が経つことで劣化や腐食して黄ばみを招くことがあります。

とくに、虫歯が完治していないまま被せ物をしている場合は、痛みを伴わないまま歯髄まで侵食していることもあるので、注意しましょう。

とくに、長年日本で銀歯に使用されてきた水銀アマルガムは、歯の黄ばみ以前に毒性が強く外国では使用が禁止されているほどです。

歯の神経が死んでいる場合も変色します

「歯の神経が死ぬ」とは、虫歯の進行や外部からの衝撃で神経感覚が失われてしまった状態を指します。

歯の神経が死ぬ時は、歯髄内で出血を起こす場合がほとんどなので、この血液がドス黒く変色して黄ばみの原因になることも。

ちなみに、神経が死んだ歯は歯科にかかって適切な処置をしておかないと、内部で神経が腐ってガスが溜まり、顔が腫れる場合もありますよ。

エナメル質形成不全の歯は脆い

先天性の疾患であり胎児の歯が形成される時期になんらかの障害があったり、栄養不足、染色体の異常、乳児期の虫歯など様々なことが原因で起こります。

歯の表面を覆うエナメル質は、人の体のなかでもっとも硬い物質(骨よりも硬い)なのですが、エナメル質形成不全により、エナメル質の形成がスムーズに行われないと、虫歯になりやすかったり着色汚れがつきやすくなります。

幼少期に判明しやすい症状ですが、乳歯だけでなく永久歯にも起こりうる症状で、約10人に1人の割合で発生すると言われています。

 

ほかにも、先天性ポルフィリン尿症ではピンク色、新生児黄疸では黄緑色、新生児メレナでは青色、新生児赤芽球症では青緑色に、低ホスファターゼ血症では黒褐色に歯が変色しやすい傾向にあります。

生活習慣が原因で歯が黄ばむケース

普段何気なく行っているライフスタイルや嗜好によって、歯を黄ばみを加速させている人も多いんですよ。

タバコを吸ってる

これは有名ですね。ヤニ取り用の歯磨き粉が販売されているくらいです。

このヤニ(タール)はタバコの煙に多く含まれており、ステインとして歯の黄ばみ、ときには黒ずみまで悪化させてしまうこともあります。

最近では、煙の出ない電子タバコ(アイコスが有名ですね)の需要も伸びてきているので、そちらに切り替えることで、歯の黄ばみを極力抑えることができるでしょう。

間違った歯ブラシの使い方・ブラッシング方法

歯の黄ばみを落とそうと頑張る歯磨きそのものが、歯の黄ばみを増殖させている可能性も。

市販される歯磨き粉のほとんどに研磨剤が配合されています。成分表に研磨剤の文字がなくても清掃剤という記載で配合されています。

研磨剤があることによって、軽い力をかけるだけで着色汚れを落としやすくなっているのですがブラッシングの力が強すぎると、研磨剤によって歯の表面が傷ついてしまうのです。

歯の表面が傷ついていれば、その分、着色汚れもつきやすくなってしまいます。

本来歯を磨くために必要とされるブラッシングの圧力とは、100〜200グラム程度。家庭用計量器があれば簡単に調べることができますが、思ったほどの力は必要ないのです。

また、歯磨き粉を使いすぎてしまうことも、研磨力を高める要因になります。確かに歯磨き粉の量が多いと泡立ちがよく「磨いた」気分になれますが、適正な量は小豆1粒分といわれています。

磨き残しで歯石が溜まっていないか

まんべんなくブラッシングできていないと、プラーク(細菌+代謝物)が落としきれず蓄積されていきます。プラークは、2〜3日も経つと石灰化して歯石になります。

歯石は下前歯の内側や上奥歯の外側につきやすく、一度歯石になってしまうと歯ブラシで落とすことはできません。

歯石自体が黄色味がかっているので、黄ばみのある歯より人目につきやすい厄介な存在です。

鼻呼吸ではなく口呼吸をしている

鼻が詰まるなどして口呼吸をする機会が増えると洗浄効果のある唾液の分泌量が減って、本来なら防げるステインやプラークがつきやすくなってしまいます。

口呼吸は、歯の黄ばみを加速させるだけでなく、本来鼻毛でシャットアウトできた細菌・ウィルスを取り込んでしまうので免疫力も低下してしまいます。

寝ている間に歯ぎしりをしている

歯ぎしりは寝ている時だけでなく、ストレスなどによっても無意識にしてしまうもの。

しかし歯同士が磨耗することで、お互いのエナメル質を傷つけて象牙質が露呈することも。こうなってしまうと歯の黄ばみだけでなく、知覚過敏を起こしやすくなります。

薬の影響で歯が黄ばむケース

薬剤が原因となる歯の黄ばみ

病気を治療または予防するために服用した薬が歯の黄ばみを起こすこともあるなんて、びっくりですよね。

日常的にうがい薬を使ってる

ウィルスが蔓延している季節に利用することの多いうがい薬も、歯の黄ばみの原因になります。ポビドンヨード(イソジンもこれ)は濃い茶色をしており、とくに着色汚れしやすいうがい薬。

もし、日常的にうがい薬を使用しているのなら、原液では使用せずなるべく薄めた状態で使うのがベター。

小さい頃に抗生物質を飲んた

もし、幼少期にテトラサイクリン系抗生物質を飲んた経験があるなら、副作用として歯が黄ばむことがあります。

肺炎・インフルエンザ・マイコプラズマ・クラミジア・梅毒などの治療に用いられる抗菌剤であり、服用することで象牙質の黄色味を濃くする副作用が確認されています。

さらに、紫外線に当たることで濃さを増すので、加齢とともに徐々に黄色味が加速する可能性があります。

生物学的に歯が黄ばむケース

加齢によって歯が老化する

そして最後は、加齢によって起こる歯の黄ばみです。

生えたての歯はエナメル質も分厚い状態ですが、加齢によってエナメル質が磨耗され、薄くなってくると内部にある象牙質が透けてみえやすくなります。

象牙質はもともと黄色味がかった物質なのですが、エナメル質の主成分であるハイドロキシアパタイトが加齢によって成熟すると、エナメル質の透過性があがってしまうことも原因のひとつです。

遺伝的なものも関係ある

また、世界の人種と比較しても、日本人の歯はエナメル質が薄く象牙質が透けやすい傾向にあるため、歯が黄ばんで見えやすいといえるでしょう。

黄色人種と呼ばれるだけに、肌の黄色味が強いとそれだけで、歯の黄色味が目立ちやすくなってしまいます。

歯の黄ばみの原因は意外なところにあった、まとめ

いかがでしたか?

歯の黄ばみは、食生活やタバコだけが原因で起こるとか限らないんですね。

こうやって原因を並べてみると、歯の黄ばみには、表面上の着色によるものエナメル質の中にある象牙質が透けることで黄色味がかるものの2タイプがあることがわかります。

もしかしたら、このページをお読みいただいた方のなかには、歯の黄ばみを少しでも解消するために「普段より強めにブラッシングしていた」なんて人もいるかもしれませんね。

しかし、強めのブラッシングは歯の表面を傷つけ、かえって着色汚れをつきやすくしてしまいますので、やめましょう。

歯の黄ばみを解消するためには、闇雲に良さそうなことを試すのではなく、まず黄ばみを作る原因を知ること。原因をしっかり把握していないと、正しい対処法が見つかるわけがありません。

あなたの歯の黄ばみの原因は見つかりましたか?